メルカリ物販についてLINEでも発信中

メルカリで無在庫販売をおすすめしない理由2選

メルカリ無在庫販売とは?

メルカリと言えば、手元にある商品を出品するため、「無在庫」と言うイメージがあまりないと思いますが、「メルカリの無在庫販売」と言う手法も存在しています。

考え方としては、

  1. メルカリに他のショップ(ECサイト)の商品を出品しておく
  2. メルカリで購入されたら、購入予定のショップで買って
  3. 購入者に送る

と言う流れです。

購入先には「Amazon」やメルカリ以外の他のフリマアプリなどがあります。また、国内の卸サイトを利用している方もいるようです。

私も以前メルカリで子供用の「メルちゃん」という人形を購入したら、Amazonからそのまま送られてきたことがあります。購入した値段は4千円くらいでしたが、後でAmazonを調べてみたら2千円くらいで売られていました。Amazonはプライム会員であれば送料が無料なので、実質かかっているのはAmazonの値段とメルカリ手数料だけで、残りは利益と言うビジネスです。

そもそもメルカリの規約で無在庫販売は禁止されている

しかし、もともとメルカリの禁止事項で、「無在庫販売」は禁止されています。メルカリは「フリマアプリ」と言う性質上、在庫があることが前提となっています。そのため、無在庫で販売することはNGとされています。

メルカリ事務局にバレければ大丈夫という考え方で無在庫をされている方もいますが、Amazonなどから発送していると、購入者さんに不審に思われて事務局へ通報されてしまい、アカウントが停止したり、制限を受けることもあります。

メルカリ無在庫販売がおすすめではない理由1

もともとメルカリでは無在庫が禁止されているからと言う理由以外にも、私がメルカリの無在庫販売をおすすめしない理由が2つあります。

そのうちの一つが、
簡単に誰にでもできる」という点です。

確かに無在庫は「売れたら仕入れる」ので、在庫を持つ必要なくメリットの多い手法と言えます。リスクの一つとなる「在庫」を持たずに販売ができるので、上手に仕入れができれば稼ぐことは可能です。

ですが、仕入先も国内ですし、仕入れも簡単に誰にでも行えます。「誰にでもできる」ということは、一見良さそうに思えますが、「誰にでもできる」からこそ、簡単に始めることができます。

つまり、誰にでも参入できるジャンルなので、ライバルが増えやすく、最終的には価格競争に巻き込まれてしまいます。同じ仕入れ先で同じ日数で同じ商品が届くのであれば、当然「安い方」が圧倒的に有利です。

仕入先も似たり寄ったりになってしまうので、どうしてもメルカリ内での価格競争になって疲弊していきます。

メルカリ無在庫販売がおすすめではない理由2

私がメルカリの無在庫販売をおすすめしない理由の2つ目は、「販売後に赤字やキャンセルになる可能性がある」と言う点です。

在庫があると思っていて、メルカリで出品をしていたが、実際にメルカリで売れてから、購入しようと思ったら、「仕入れ予定価格が前回確認した時より高騰している」なんてこともあります。

メルカリは売れてしまった後に値上げすることができないので、そのまま売ればもちろん「赤字」になってしまいます。赤字を避けるためにはどうにかして他の仕入れ先を探すか、お取引をキャンセルする必要が出てきます。

また、仕入れ予定先の在庫がなくなってしまっている場合もあります。他からの仕入れができない場合にはメルカリでのお取引をキャンセルせざるを得なくなります。

「メルカリの取引はキャンセルすればいい」と言う考えは危険

実は、メルカリでのお取引は基本的には「キャンセル」ができません。どうしてもキャンセルしたい時は、キャンセル申請を行うことになりますが、その理由の中で「商品がない」という理由を選んでしまうと・・・

出品者側の迷惑行為としてカウントされます。

???

キャンセル申請をして、出品者の都合によりキャンセルとなった場合には、出品者側の迷惑行為となってしまうと知っていましたか?

メルカリの迷惑行為と言うのは、実はアカウントにどんどんと溜まっていっています。そして、その迷惑行為が累積していくと、アカウントに制限がかかったり、最悪の場合にはアカウントが停止します

そのため、できる限りキャンセルをしないことを念頭におきながら取引をする必要があります。

メルカリで利益を得るために重要な考え方

メルカリで利益を得るために重要な考え方の一つに「差別化」があります。

  • 他の人が仕入れしにくいところから仕入れる
  • 画像や説明文などで差別化する

など差別化の方法はありますが、中国輸入をメルカリと組み合わせる手法を勧めている理由もこの「差別化」のためです。

中国から仕入れるためには、海外とのやりとりが必要となるため、国内で簡単に仕入れができるのと単純な転売とは違います。簡単には参入できないからこそ、国内せどりでメルカリに出品している人たちと差別化することが可能です。

ぜひ、ライバルと差別化できる仕入先を開拓して、価格競争や在庫なしキャンセルに怯えずに「メルカリアカウント」を守りながら利益をあげていきましょう!

画像で差別化する方法はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

メルカリ中国輸入について無料のご相談を受け付けています。
スクール講師をしながらも、現役で物販をしていますので、
リアルな情報を無料相談の中でお伝えしています。

ママでも主婦でも転勤族でも
たったPC1台でお家で稼ぐ働き方にご興味のある方は、ぜひこちらまで

 

ABOUT US

メルカリ中国輸入/BUYMA/転勤族/アラフォーママ
日本各地を転々とする転勤族ママ 国立薬学部→大学院卒業後→国の機関へ就職 結婚を機に大手薬局へ転職しましたが、 切迫流産や子供の病気により退職 今は、メルカリやBUYMAなどの物販を自宅でしながら 子供が小さくてもPC音痴でも転勤族の妻でも お家で働ける働き方を提案しています。